Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ プレイ日記1(箒木日向子ルート感想) 

 日向子ルート終わったので、備忘録という意味も兼ねてつらつら書いていきます。

 

 

  おそらくキャラの中では日向子が一番好きですね。まだ残り3キャラやっていませんが。やっぱ、天然キャラって恐ろしいなって。「あわわ、あわわわわ」がここまで似合うキャラはいないんじゃないかな。ちなみに他にも、「むむむ」も好きです。こういう表情がコロコロ変わって、それが口に出ちゃう女の子は好きです。なんとなく、日向子は等身大の(現実にいそうな)理想のヒロインって気がしましたね。

f:id:taikutu1216:20190318145841p:plain

f:id:taikutu1216:20190318145906p:plain

 

 で、なんとなく日向子はレリーフ本編に深く関わりそうな気がしていたので最後に残そうと思ったんだけど、気づいたらルートに入ってましたね。後悔はしてません。

 シナリオ的には、伏線を貼ってるように感じました。それでいて日向子自体は本編に深くは関わっていないような感じ。僕たちみたいな第3者的視点の立場だと思いました。

 引っかかる謎としては、ミリャとサキの関係。司の正体。ミリャと司が何をしたのか。第2地区について。くらいかな。

 

 ここからは感想。

 まず、Hシーンが少ない。計2回というのはいかがなものなのか。

 

 色々心に刺さる内容でした。将来を選択するには、まず知ることが大事。僕は真っ先に大学受験のことを思い浮かべました。僕は自分の行きたい大学しか調べませんでしたが、先生は他にも一つランクを落としたところや、反対に一つランクを上げたところなどもっと視野を広げるように僕に言いました。

 小学、中学あたりは周りに合わせてなあなあで選択しててもたいして困らなかったけど、高校から上は選択一つで将来が決まっちゃうこともあるからね。だから、選択する前にまず調べて知ることは大事だよ。

 それと、人それぞれその人の等身大の障害があるんだよね。だから皆それぞれ違うことで悩みはあるんだよ。僕だけが悩みがあるなんてのは勘違いも甚だしい、おこがましいよね。日向子には日向子の障害が、司には司の障害があって、他人に追いつくとか肩を並べるとかそういうのは本質的にはあり得ないことなのかもしれない。自分の人生と他人の人生は、似ていても決して同じではないのだから。他人に並ぶことは出来なくても、その人の悩みに寄り添うことはできる。そうして一緒に悩みを解決できたら幸せだよね。はあ。

 

 なんか青臭いこと書いた気がするのでここまで。じゃ。

 ……なんか高校生に宛てたような感想で気持ち悪いな……。

 

RASK
スポンサーリンク
とて猫をフォローする
エロゲ通行

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました