ショコラ ~maid cafe "curio"~ 橘さやか、桜井真子、結城すずルート感想

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 新年一発目の記事はショコラです。ネタバレ注意で。

 

  シナリオの没入感があまりなかった。というのも短いシナリオとただ作業なシステムの相互作用で全然入り込めなかったから。さやか、真子ルートはおまけみたいだったなあ。すずルートは途中までは良かったんだけど……。以下、各ルートの感想

 

さやかルートに関してはシナリオ2、システム8って感じ。ひたすらマップ選択してた。シナリオは、さやかがパティシエの腕を磨くためフランスに留学するかどうかを悩む話。別段感想も湧かなかった(おい

 でも、さやかが割と積極的に主人公にHを迫ってくるのは意外だったかも。僕も彼女に仕事終わりに家に呼ばれて、彼女から迫られたいなあー。それとさやかは、主人公がほんとに自分のことを可愛いと思っているのか確認するために、仕事場で抱いてくださいとか言うんだけど、いいよね。積極的な女子は僕好きですよ。

 

 次真子ルート。主人公が割とクソだった。真子とイチャイチャしてて、流れで性交しようとしたら真子が拒否。何でも心に決めた人がいるから。で、主人公はやさぐれるんだけどここがクソ。色々思うところはあるけど、一つだけ言うとしたら、社員を休憩無しで働かせるなよ……。実際に働いているからこそ、より一層イラつくわ。

 ちなみに真子さんもなかなかだからね。心に決めた人って誰だろうって思って読み進めてくとなんと主人公! 今の大介じゃなくて成長した大介だったっていうオチ。……。

 

最後にすずルート。途中まではよかった。近親相姦っていう禁忌としっかり対面して、苦悩する大介が途中までは描かれていた。最初すずと結ばれてたのは夢ってオチにはびっくりしたけど。

 すずと初キスするところとかは、こっちも緊張感が伝わるくらいの圧巻のテキスト。甘えてくるすずに抗って、結局流されてしまう大介の心情が緻密に描かれてて面白かった。このルートではただすずとイチャイチャするのではなく、しっかり近親相姦と対面してたから最後どう終わるのかって思ったんだけど、兄妹という関係に恋人という関係も足せばいいというすずのトンデモ理論で終結。親も許してハッピーエンド。一本一本丁寧に抜いてたジェンガを一気に蹴飛ばされたような感覚。

 ちなみにすずとのHが一番興奮したなあ。特にすずのフェラが良かった。兄のことが好きな妹が一生懸命にご奉仕するのは、他の女では表せない妙なエロさがあるわ。

 全く関係ないけど、僕がまじで恋したアニメヒロインは俺の妹がこんなに可愛いわけがない高坂桐乃なんだ。桐乃のウェディングドレス見たときは泣いたなあ。そしてあの終わり方も泣いた。ああいうメリハリがあるというか、なーなーじゃない終わり方が僕は好きです。100%じゃないハッピーエンド。例えばはつゆきさくらとか。あんな感じ。ね、やっぱり全く関係なかった。

 

 やっぱりシステム面がすごい気になった。僕は攻略サイトを見るのはあまり好きじゃなく、自力コンプしたい派なんだけど、今回も見てはないけど、何回もやり直した。月末は必ずセーブしたほうがいいね。特にさやかルートが全然クリアできなくてね。何回もチロルとご対面したわ。

 そして攻略中に気になったのは翠。さやかルートでしらみつぶしにやってた時、翠のイベントもそこそこ入ったからだけどすごく気になる。残るは翠、美里、香奈子で攻略順も多分そうなると思う。それでは。皆さん良いお年を。

 

戯画
スポンサーリンク
とて猫をフォローする
エロゲ通行

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました