Ripple ~ブルーシールへようこそ~ 加藤あおいルート感想

 Ripple、あおいルート終わったので感想書きます。

 

 

 良かった。面白かった。短いってのもあるけどぶっ通しでやるくらいには面白かった。だいたい4時間弱くらい。終わった後は脱力感と満足感から寝ました。

 最初にシステム面について触れておくと、セーブがしたい時に出来ないのとバックログがないのはきついかなー。特にバックログ。あと、エンターキーを2回叩くと音声も止まるのは地味にきつかった。

 

 今回のルートは共依存がテーマだと思った。お互いがお互いを必要としている。しかし惣一(主人公)はそれを善しとしなかった。自分があおいに不幸を振りまいていると思っていたから。惣一は鈍感だね。鈍感なくせにあおいのためを思って行動しているわけだから質が悪い。嫌いじゃないけど。

 てかあおいが可愛かった。可愛すぎた。口数は少ないんだけど、セリフ一つ一つに可愛さが凝縮されている。それに態度にも。惣一のためを思っての行動がどれも気が利きすぎてて、惣一の言ってることも分からなくもない。あおいにはもっと別にふさわしい人がいる。でも俺はあおいには惣一が最もふさわしいとも思うわけで。あおいの良さを最大限に引き出すのは、なんでもできるエリートよりも、あおいに頼って、でもあおいのために行動できるそんな人だと思った。

 

 個別入ってからのあおいは正直破格の勢いの可愛さだった。特に噴水のシーンは正直悶えた。フリー宣言からのキス待ち。俺は絶対あそこでキスすると思ったからね。

 このシーンで俺は丸戸史明先生の書くシナリオのメリハリに感動した。あそこで流れるようにキスからのセ〇クスも良かったけどあえてしない。そこからのバッドエンド調なシナリオ。俺ここでバッドエンド踏んだと本気で思った。そしてハッピーエンドと。上げて落として突き上げる。読者の心そんなに弄ぶのが好きなのか?(褒め言葉)

 あおいに押し倒されてのセ〇クスも良かった。やましいことしてないのにやましいことしているって言われたそれならばやましいことしてやる。はい、最強。尺も短いし全然抜けないけど(おい 

 

 最初は簡潔にしかしゃべらなかったのに、最後の饒舌っぷりよ。同棲がまずおれは弱いから。ネクタイ直してのキス最高。最後までしっかり締まっててよかった。

 

 シナリオ自体も短いのでまたもう一回やりたいですね~。それではまた。

戯画
スポンサーリンク
とて猫をフォローする
エロゲ通行

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました